採用選考結果

都市環境学部
環境応用化学科
採用者情報 氏名 石島 政直
採用発令日 2022年4月1日
研究業績等

論文
[1] “Strategy to Design-Synthesize Bimetallic Nanostructures Using the Alcohol Reduction Method”
Masanao Ishijima, Jhon L. Cuya Huaman, Hiroyuki Wakizaka, Kazumasa Suzuki, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran
Inorganic Chemistry, 2021,, 60, 14436–14445
DOI:10.1021/acs.inorgchem.1c02233
[2] ”Theoretical and Experimental Evaluation of the Reduction Potential of Straight-Chain Alcohols for the Designed Synthesis of Bimetallic Nanostructures”
Cu-NiCoverMasanao Ishijima, Takatoshi Matsumoto, Jhon Cuya Huaman, Kozo Shinoda, Masahito Uchikoshi, Kohei Matsuo, Kazumasa Suzuki, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran
Inorganic Chemistry, 2021, 60, 9432-9441. COVER PAGE
DOI: 10.1021/acs.inorgchem.1c00476
[3] ”Selection Criteria for Metal Precursors and Solvents for Targeted Synthesis of Metallic Nanostructures Via Kinetic Control in the Polyol Process”
Hisashi Kaneko, Takatoshi Matsumoto, Jhon L. Cuya Huaman, Masanao Ishijima, Kazumasa Suzuki, Hiroshi Miyamura, Jeyadevan Balachandran
Inorganic Chemistry, 2021, 60, 5, 3025-3036.
DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c03266
[4] ”In-situ spectroscopic studies for one-pot synthesis of composition-controlled Cu-Ni nanowires with enhanced catalytic activity” M. Ishijima, Jhon L. Cuya Huaman, Shun Yokoyama, Kozo Shinoda, Masahito Uchikoshi, Hiroshi Miyamura, Balachandran Jeyadevan
New Journal of Chemistry, 2018, 42, 13044-13053.
DOI: 10.1039/C8NJ01641K
受賞
[1] 優秀発表賞:資源・素材学会関西支部 第18回「若手研究者・学生のための研究発表会」 2021年12月
[2] 優秀ポスター発表賞:日本化学会 第11回CSJ化学フェスタ2021 年10月
[3] 優秀発表賞: 資源・素材学会 関西支部第17回「若手研究者・学生のための研究発表会」 2020年12月
[4] 優秀ポスター発表賞:第10回CSJ化学フェスタ2020年10月
【ORCID】https://orcid.org/my-orcid?orcid=0000-0002-4230-0410

選考経過 公募期間 2021年6月3日~2021年9月24日
応募者数 4名
教員選考委員会 構成委員 委員長   吉川 徹 都市環境学部長 
学内委員  教授8名
外部委員  1名
委員会開催日 第1回 2021年10月1日(書類選考)
第2回 2021年10月22日(面接選考)
人事委員会 構成委員

添付資料

委員会開催日
(最終候補者決定日)
2021年12月14日
募集要項

募集要項