本文へ移動します

日経産業新聞に産業技術大学院大学の土屋陽介客員研究員(当時)らが、ブルネイ大学などと共同研究しIoTを生かして洪水の危険を予測するシステムを開発、主に途上国向けに実用化を目指すとの記事が掲載されました。

ページトップへ