本文へ移動します

保有個人情報の開示等について

1 制度概要

公立大学法人首都大学東京は、東京都個人情報の保護に関する条例の実施機関の一つとされており、保有する個人情報を同条例に基づき取扱います。

2 個人情報とは

  • 個人情報
    生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます)を個人情報といいます。
  • 保有個人情報
    本法人の職員が職務上作成し、又は取得した個人情報であって、本法人の職員が組織的に利用するものとして、本法人が保有しているもの(ただし、文書に記録されているものに限ります)を保有個人情報といいます。

3 開示請求書様式

書類様式ダウンロードファイル
開示請求書様式 PDF版 (90.2KB)Adobe PDF WORD版 (34.5KB)Microsoft Word

4 開示手数料

公文書の種類開示の方法手数料の金額
文書、図画及び写真 写し(単色刷り)1枚につき 10円
写し(多色刷り)1枚につき 20円
スキャナにより読み取ってできた電磁気的記録を複写した光ディスク(CD又はDVD)1枚につき 100円
フィルム マイクロフィルム 印刷物として出力したもの(単色刷り)1枚につき 10円
印刷物として出力したもの(多色刷り)1枚につき 20円
電磁的記録 ビデオテープ 複写したビデオテープ1巻につき 290円
録音テープ 複写した録音テープ1巻につき 150円
その他の電磁気的記録 印刷物として出力したもの(単色刷り)1枚につき 10円
印刷物として出力したもの(多色刷り)1枚につき 20円
複写したフロッピーディスク1枚につき 100円
複写した光ディスク(CD又はDVD)1枚につき 100円

備考

用紙の両面に印刷された文書、図画等については、片面を1枚として算定します。

■文書の写し(マイクロフィルム及び電磁的記録においては印刷物として出力したもの)を交付する場合は、原則として日本工業規格A列3番までの用紙を用いるものとするが、これを超える規格の用紙を用いたときの写しの枚数は、日本工業規格A列3番による用紙を用いた場合の枚数に換算して算定します。

■フィルム(マイクロフィルムを除く。)の写しを交付する場合及び電磁的記録の写しの交付においてこの表に掲げる金額によりがたい場合には、法人規則で定めるところにより開示手数料を徴収します。

5 受付窓口

法人で保有する個人情報に関する開示請求は、各所管課で受け付けます。所管課等が不明な場合には、下記担当まで御相談ください。

担当者 経営企画室企画財務課広報・特命係
住 所 〒163-0926 新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリスビル26階
電 話 03-5990-5389 / FAX 03-5990-5379
メールアドレス houjin-info●jmj.tmu.ac.jp
(恐れ入りますが、メール送信の際には、下記アドレスの●を@に置き換えてくださいますようお願いいたします。)

6 規則等

ページトップへ