本文へ移動します

理事長メッセージ

公立大学法人首都大学東京理事長 島田 晴雄
公立大学法人首都大学東京
理事長
島田 晴雄
最高レベルの教育・研究環境を有する本学は、意欲ある学生諸君に優れた教育機会を提供し、東京を代表する大学として世界をリードし貢献する大学をめざします。

 公立大学法人首都大学東京は、日本でもトップレベルの都立の大学です。それは本学が理工系から社会科学系まで幅広く多様な分野で教育と研究を行い、世界の先端を行く研究者を擁するなど優れた教授陣、質の高い職員、そして何よりも限りない可能性をもつ志の高い学生諸君にすばらしい教育条件を提供する学びの城であるということです。さらには、産業技術大学院大学、産業技術高等専門学校という産業の基礎力向上に貢献するユニークな教育機関を併せもつ複合的な教育研究組織であるからです。

 こうした多様性と複合性は、学内の交流や切磋琢磨をつうじて他所では得難い相乗効果をもつと同時に、組織全体としてのさらなる統合性、総合性の強化を図るために互いが理解と協力をすること、そして理念の共有をめざし格別の努力が求められます。私は川淵三郎前理事長のあとをうけてこの春着任しましたが、創立13年を迎え、本法人全体としてのアイデンティティ、愛校心や誇りといったものの醸成のために微力をつくして参りたいと思います。

 東京は世界の主要大都市ですが、本学は東京を代表して世界をリードする大学を目指したいと思います。世界は今、歴史的激変期を迎えていますが、そのメガトレンドを見据えて、(1)世界で活躍し世界の発展に寄与する人材の育成(2)オリンピックも視野に、東京を世界で最も魅力ある観光都市にするための研究と実践、(3)世界でも比類ない超高齢化国家である日本で、生涯充実社会の実現をめざして東京を生涯教育モデル都市にするための研究と実践など、本学ならではの潜在的な力をフルに活用して世界に貢献していきたいと考えています。

ページトップへ